« 小学5年生への読み聞かせ(2011.11) | トップページ | 小学2年生への読み聞かせ(2011.11) »

2012年2月17日 (金)

中学1年生への読み聞かせ(2011.11)

きみたちにおくるうた―むすめたちへの手紙―

オバマ大統領は、2人の最愛の娘にむけてこの絵本を書きました。本で紹介されるのは、社会に大きな影響を与えた13人の人物です。けれど特別な人だけが力をもつのではない、と大統領はいいます。あなたもまた、世界を変えられる大切な人間のひとりなのです。

いのちのおはなし (講談社の創作絵本)

命は自分の時間の中にある!

友達同士で心臓の音を聞いて、生きている証を確かめたら、今度は命について考えてみよう。命はどこにある? 日野原先生は「命は時間」と考えています

ありがとう、フォルカーせんせい (海外秀作絵本)

本をよむことを、とってもたのしみにしていたトリシャ。でも、トリシャにとって、字もすうじも、くねくねしたかたちにしかみえません。クラスのともだちが、よめないことをわらうので、トリシャのくるしみはますばかり。5ねんせいになったとき、あたらしいせんせいがきました。せんせいは、トリシャの絵がすばらしいのにきづきました。そして、トリシャのひみつ―字がよめないことをしったとき、せんせいは、とくべつなれんしゅうをはじめたのです…。

F10a5c0706

バイオリンの村 (日本のえほん 5)

戦争になったら、戦意高揚のさまだけになる音楽は禁止。
それを止めに来た国家公務員。
戦場で散った息子のためにバイオリンをと怒るおばあさんは国家公務員を追い返した。

|

« 小学5年生への読み聞かせ(2011.11) | トップページ | 小学2年生への読み聞かせ(2011.11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中学1年生への読み聞かせ(2011.11):

« 小学5年生への読み聞かせ(2011.11) | トップページ | 小学2年生への読み聞かせ(2011.11) »